So-net無料ブログ作成

常念~燕 表銀座縦走1日目 常念岳 !! [トレッキング]

 7月末に常念岳~燕岳の表銀座を2泊3日で縦走して来たよ~ん。[手(チョキ)] [るんるん]

 7月23日の夜。いつものようにセリカ君で出発し、27日の夜明け前に三股登山口駐車場に到着。[車(セダン)][ダッシュ(走り出すさま)]

 車中で少し仮眠をして、夜明け後午前5時10分に駐車場を出発。[るんるん] 

DSC01646.JPG

 駐車場からは少し林道を歩いて登山口まで行くよ~ん。[るんるん] 

DSC08412.JPG

 林道を15分ほど歩くと・・・[exclamation&question]

 三股登山口に到着で~す。[るんるん] 

DSC08413.JPG

 三股登山口の案内所に登山計画書を出して、ここからが登山本番で~す。[るんるん] 

DSC01649.JPG

 ここから常念岳と蝶ヶ岳の登山道が分かれ、常念岳へ向かうよ~ん。[るんるん] 

DSC01650.JPG

 登り始めると先行のグループの人たちが居たよ~ん。[わーい(嬉しい顔)] 

DSC01651.JPG

 最初は樹林帯を登って行くのだが・・・[exclamation&question]

 意外と急登で・・・[がく~(落胆した顔)] 

 今日は曇りがちで、日がさし無い分、少しらくかなぁ~[わーい(嬉しい顔)] 

DSC01653.JPG

 所々お花も咲いていて、長く辛い急登にも心が休まるよ~ん。[るんるん]

 長く急登の樹林帯を登ること4時間30分・・・[exclamation&question]  

DSC01654.JPG

 ようやく2166m地点の梯子に到着で~す。[手(チョキ)] [るんるん]

 この梯子を登ると稜線に出て、展望も良くなるよ~ん。[るんるん]

 と思ったが・・・[exclamation&question] [がく~(落胆した顔)] 

DSC01657.JPG

 稜線に出ると、雲の中・・・[exclamation&question] [もうやだ~(悲しい顔)]

 展望が開け景色が良いはずなのだが、ガスで良い景色を見ながらの稜線歩きは出来そうもなく・・・[もうやだ~(悲しい顔)] 

 稜線に出ると、ごつごつした岩場が続き、岩の上を歩く感じ・・・[るんるん] 

DSC01659.JPG

 稜線に出てずくの所に、常念岳まであと3kmのテープが張ってある岩が・・・[目] 

 しかし・・・[exclamation&question]  [ふらふら]

DSC01661.JPG

 視界はあまりよくなく、先を見ても岩の稜線しか見えず・・・[目] [がく~(落胆した顔)] 

DSC01663.JPG

 岩の稜線を登ること30分、ピークが見えて前常念岳の山頂かなと・・・[exclamation&question] 

 ピークを過ぎてみると、そこは前常念岳の山頂ではなく・・・[がく~(落胆した顔)]

DSC01666.JPG

 常念避難小屋があったよ~ん。[るんるん] 

 常念避難小屋を過ぎ、少し登ると・・・[exclamation&question] 

DSC01668.JPG

 午前11時50分、ようやく前常念岳に到着で~す。[るんるん] 

 出発してから5時間30分、登り続けて疲れも出てくるし、目標の常念岳山頂も見えないので、気分的にも疲れが出てくる。 [もうやだ~(悲しい顔)]

 だが、その分直射日光に当たらなくて済むので、何とか体力は持ちこたえているよ~ん。

DSC01669.JPG

 12時15分、常念小屋へのトラバース分岐点に到着で~す。[るんるん]

 このトラバースノ道は、現在通行不能になってるよ~ん。 

DSC08440.JPG

 山頂に向かってさらに稜線を登ってゆくと・・・[exclamation&question]

 登山道に何かが居る・・・[exclamation&question] [目]

 そっと近づいてゆくと・・・[exclamation&question] 

DSC01672.JPG

 そこにはライチョウが居たよ~ん。[揺れるハート] 

DSC01673.JPG

 一生懸命砂浴びをしていて・・・[るんるん] 

DSC01674.JPG

 人間に呈しての警戒心は少ないようで・・・[わーい(嬉しい顔)] 

DSC08443.JPG

 

DSC01676.JPG

 しばらく様子を見ていると・・・[目] 

DSC01678.JPG

 ハイマツの中にもう1羽・・・[目]

DSC08451.JPG

 そしてその近くに咲くチングルマの花たち・・・[カメラ] 

 さらに稜線を登ってゆくと・・・[exclamation&question]

DSC01680.JPG

 左右の切り落ちた結構幅の狭い稜線が出て来たよ~ん。[るんるん] 

DSC01681.JPG

 岩のアップダウンもあり、なかなか面白ろそう・・・[わーい(嬉しい顔)] [るんるん] 

 そしてちこっと面白い稜線を抜けると・・・[exclamation&question] 

DSC01682.JPG

 常念岳の山頂らしきところが見えて来たよ~ん。[目]

 今度こそは本当の山頂かな~・・・[るんるん] 

DSC01683.JPG

 常念岳の山頂直下の常念小屋との分岐点に到着で~す。[るんるん]

DSC01684.JPG

 そして午後1時40分、ようやく常念岳山頂に到着で~す。[るんるん]

 歩き始めてから8時間30分、とても長く疲れたと感じた登山で、お日様が照っていて扱ったらここまでたどりつけたかなぁ~と・・・[exclamation&question]

 ガスで景色は良く見えなかったが、逆にこの長丁場のの登りではよかったのかなぁ~と・・・[がく~(落胆した顔)] 

DSC01686.JPG

常念岳山頂・・・[カメラ] 

 常念岳山頂で少し休憩し、常念小屋に向けて出発で~す。[るんるん] 

DSC01688.JPG

 常念小屋までの下りも岩だらけ・・・[がく~(落胆した顔)]

DSC08459.JPG

途中記念撮影・・・[カメラ] 

DSC01689.JPG

 山頂からの下りもガスで常念小屋は見えず・・・[がく~(落胆した顔)] 

DSC01690.JPG

 岩場の下りの後は石ころの下りで・・・[がく~(落胆した顔)] 

DSC01691.JPG

 だいぶ下って来たと思うが、常念小屋はまだ見えず・・・[ふらふら] 

DSC01693.JPG

 目標が見えないまま長時間下ってくると・・・[exclamation&question]

 ちこっと心が折れそう・・・[もうやだ~(悲しい顔)]

DSC01694.JPG

 ガスであまり展望は良くないが・・・[exclamation&question] 

DSC01695.JPG

 遠くの山の山頂には雪渓が見えたよ~ん。[目] [るんるん] 

DSC01696.JPG

 そして 午後3時20分、10時間かかってようやく常念小屋に到着で~す。[手(チョキ)] [るんるん]

 今日はとても疲れたので、夕食後はすくに寝てしまったよ~ん。[がく~(落胆した顔)] 

 翌日に続く・・・[end]

                         (^_-)-☆ 


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0