So-net無料ブログ作成
検索選択

常念~燕 表銀座縦走2日目 大天井岳 !! [トレッキング]

 常念~燕 表銀座縦走2日目は、常念小屋を出発して大天井岳を越えて燕岳へ向かうよ~ん。[るんるん]
 

 午前4時に起床し外を見ると・・・[exclamation&question]

DSC01703.JPG

 まだ夜明け前で暗いが、まずまずの天気の様子。[わーい(嬉しい顔)]

 正面には槍ヶ岳が・・・[目]

DSC01712.JPG
 

 ズームアップ・・・[カメラ]

DSC01713.JPG
 

 さらに300mmの望遠・・・[カメラ]

DSC01711.JPG
 

 そしてダイキレット・・・[目]

DSC01714.JPG
 

 さらには北穂高岳・・・[カメラ]

DSC01717.JPG
 

 午前4時30分になると日の出も過ぎたようで、だいぶ明るくなったよ~ん。[るんるん]

DSC01722.JPG
 

 そして午前5時40分、常念小屋を出発で~す。 GO・・・[exclamation×2]

DSC01731.JPG
 

 常念岳と常念小屋までの稜線がよく見えるよ~ん。[目]

DSC01732.JPG
 

 自幼年だけから穂高連邦と槍ヶ岳までのパノラマ写真だよ~ん。[カメラ]

 ちこっと雲は多いけど、とっても眺望が良いよ~ん。[揺れるハート]

DSC01737.JPG
 

 午前6時30分、日が差してきたので自分の影を撮ってみたよ~ん。[カメラ]

 出発してから約1時間・・・[exclamation&question]

DSC01739.JPG
 

 とても展望が開けたところに来たよ~ん。[るんるん]

 すると何やら奇妙な鳴き声が・・・[exclamation&question]

DSC01746.JPG
 

 ライチョウが子連れでお出迎え・・・[揺れるハート]

DSC01747.JPG
 

 遠くの方には、乗鞍岳と御岳山の姿も・・・[目]

DSC01748.JPG
 

 涸沢カールのズームアップ・・・[カメラ]

DSC01750.JPG
 

 北穂高岳と奥穂高岳も良く見えるよ~ん。[カメラ]

 綺麗なお花が・・・[目]

DSC01753.JPG
 

 さらに稜線を進んで行くと・・・[exclamation&question]

 そこには天空のお花畑が・・・[揺れるハート]

DSC01754.JPG
 

 そしてそこのお花畑の中で、散歩をしているライチョウさんに出会ったよ~ん。[揺れるハート] [わーい(嬉しい顔)]

 本日2回目のライチョウさんだぁ~・・・[るんるん]

 午前8時30分、横通だけ山頂とトラバース分岐点に到着で~す。[るんるん]

DSC01758.JPG
 

 このあたりから槍ヶ岳が近くなり、子槍もよく見えるようになるよ~ん。[るんるん]

DSC01764.JPG
 

 岩陰に作ピンクの花が可愛くて・・・[揺れるハート]

DSC01766.JPG
 

 そのほかにも可愛い花がたくさん咲いているよ~ん。[揺れるハート]

 午前9時20分、東天井岳に到着で~す。[手(チョキ)]

DSC01767.JPG
 

 ここからの槍ヶ岳はさらに近くなってとても良い景色だよ~ん。[るんるん]

 そして向かう先には・・・[exclamation&question]

DSC01768.JPG
 

 大天井岳と大天荘が見えてきたよ~ん。[目]

 そして午前9時45分、大天荘に到着で~す。[るんるん]

DSC01770.JPG
 

 ここで少し休憩で~す。[るんるん]

 お湯を沸かし、コーヒー[喫茶店]を入れてカップラーメンヲ食べて[レストラン]、30分以上休憩してしまった・・・[わーい(嬉しい顔)]

 午前10時30分、大天井岳山頂に向けて出発で~す。[るんるん]

 大天井岳の山頂までは大天荘からのピストンで、上った登山道を戻ってくるよ~ん。[るんるん]

DSC01771.JPG
 

 大天井岳山頂へ向かう途中のいわばの陰に咲いていた可愛い花・・・[揺れるハート]

DSC01772.JPG
 

 大天井岳の山頂まで後もう少し・・・[るんるん]

 そして午前10時40分、大天井岳山頂に到着で~す。[るんるん] [手(チョキ)]

DSC01773.JPG
 

 山頂に着くと雲が周りを覆って・・・[がく~(落胆した顔)]

 最高の眺望のはずが・・・[もうやだ~(悲しい顔)]

DSC01774.JPG
 

 とりあえず三角点にタッチ・・・[るんるん]

DSC01775.JPG
 

 今回のトレッキングの最高点、標高2922mの大天井岳山頂だよ~ん。[手(チョキ)]

 なんだかお天気も下り坂の様なので、景色を少し見て先に進むことに・・・[exclamation&question]

 2日目の大天井岳から燕岳までは、次回へ続くよ~ん。[end]

                                           (^_-)-☆