So-net無料ブログ作成
検索選択

みくりが池温泉 !! [温泉]

  立山雄山山頂からの下山も無事に済み、今宵の温泉宿のみくりが池温泉に向かうよ~ん。 GO・・・[exclamation×2]

DSC09729.jpg

  みくりが池温泉は、一の越しから室堂山荘へ下山してみくりが池へ方面へ進み、みくりが池の先にあるよ~ん。[るんるん]

MAP.jpg

   午後4時30分に要約みくりが池に到着で~す。[手(チョキ)]

DSC09730.jpg

みくりが池と立山三山・・・[カメラ]

DSC09687.JPG

みくりが池・・・[カメラ] 

DSC09688.JPG

みくりが池・・・[カメラ] 

  みくりが池もまだまだ氷に閉ざされていて、溶けた氷の隙間からは吸い込まれるような濃いブルーの顔をのぞかせたり、奇麗なコバルトグリーンの顔をのぞかせたりしているよ~ん。[揺れるハート]

  そしてみくりが池の先には・・・[exclamation&question] 

DSC09689.JPG

  地獄谷の噴き出す煙の様子が・・・[exclamation×2] [カメラ] 

  みくりが池の温泉はここで湧き出て居るんだなと・・・[exclamation&question] 

DSC09690.JPG

  太陽も西に大分傾き・・・[カメラ]

  午後4時45分、みくりが池温泉に到着で~す。[手(チョキ)] [るんるん] [わーい(嬉しい顔)] 

DSC09724.jpg

  ここみくりが池温泉は、標高2410mの日本一高所にある天然温泉で、日本秘湯を守る会の温泉宿だよ~ん。[揺れるハート]

  到着後チェックインをして、さっそく温泉に浸かりに行くよ~ん。[いい気分(温泉)]  [るんるん]

DSC_0246.jpg

  100%源泉かけ流しの温泉に入りながら、雪に覆われた室堂平と大日連山を見れてとっても良い気分・・・[揺れるハート] 

  温泉で疲れを癒し、午後6時夕飯の時間になったので食堂へ・・・[レストラン]  GO・・・[exclamation×2]

DSC09691.JPG

  夕食にはカツと魚と肉料理が出たので、自分もおなかいっぱいに食べることが出来て大満足だったよ~ん。[手(チョキ)] [わーい(嬉しい顔)]

  そして夕食を食べている時間に、夕陽が大日連山の陰に落ちる時間になり・・・[がく~(落胆した顔)] 

  とりあえず食堂の窓から何枚か写真を撮り・・・[カメラ] 

DSC09695.JPG

食堂の窓からの夕陽  160ミリ

DSC09697.JPG

食堂の窓からの夕陽・・・[カメラ]  80ミリ

  そして慌てて食事を済ませ、夕陽の良く見える喫煙室からもう一度夕陽の写真を撮ることに・・・[るんるん] 

DSC09700.JPG

みくりが池温泉からの夕陽・・・[カメラ] 

ズームアップ・・・[カメラ] 160ミリ

DSC09703.JPG

80ミリ・・・[カメラ]

DSC09704.JPG

 ズームアップ・・・[カメラ] 160ミリ 

DSC09705.JPG

80ミリ・・・[カメラ]

DSC09706.JPG

 160ミリ・・・[カメラ]

  登山で山小屋泊での夕陽の撮影が出来たのは、実はこれが初めてで・・・[わーい(嬉しい顔)] [手(チョキ)]

  今までは、ことごとくガスや雲に阻まれて来たから・・・[がく~(落胆した顔)]

  ご来光は運良く何時も奇麗に見れるのだが・・・[exclamation&question] [わーい(嬉しい顔)] 

  食事の後寝不足と疲れでつい寝てしまい、ふと気付くと午後10時になっていて・・・[がく~(落胆した顔)]

  慌ててカメラを用意して星空を・・・[カメラ] 

DSC09709.JPG

  みくりが池温泉の部屋からの星空だよ~ん。[カメラ] [ぴかぴか(新しい)] 

  なかなか奇麗に撮れたが、この辺りは山の奥地とはちがって周りが明るいのと、月も出ていて月明りが明る過ぎて、北穂高や涸沢に比べると星の見える数が少なく、天の川も確認出来なかったよん・・・[もうやだ~(悲しい顔)]

  そして翌朝ご来光の時間・・・[exclamation&question]

 といっても朝日が山の陰からの登ってくるのを見るのだが・・・[ふらふら] 

DSC09714.jpg

みくりが池温泉からの朝焼け・・・[カメラ] 

DSC09718.jpg

みくりが池温泉からのご来光・・・[カメラ] 

DSC09721.jpg

みくりが池温泉からのご来光・・・[カメラ] 

  そして太陽も大分登り、午前7時ごろ部屋の外からライチョウの鳴き声が・・・[耳]

  慌ててカメラを手に持って外を見ると・・・[exclamation&question] 

DSC09722.jpg

  部屋の外の建物の上にライチョウが・・・[カメラ] [揺れるハート]

DSC09723.jpg 

  カメラを向けて写真を撮っていると、またしてもカメラ目線でこちらを見ている・・・[わーい(嬉しい顔)] [揺れるハート]

  今日も朝から雷鳥に逢えてラッキー・・・[黒ハート][黒ハート][黒ハート] [るんるん][るんるん][るんるん]

  今日は、雪の大谷と室堂大らを散策して帰る予定だよ~ん。[わーい(嬉しい顔)] 

     次回へ続く・・・[end]

                                            (^_-)-☆ 


nice!(14)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

那須温泉の旅 フラシオン那須 [温泉]

  軍鶏ラーメン美幸でラーメンを食べた後は、目的地の那須フラシオンホテルへ GO・・・[exclamation×2] [車(セダン)][ダッシュ(走り出すさま)]

  軍鶏ラーメン美幸からはセリカ君で40分ぐらいの所なのだが、まだチェックインの時間には早すぎる為、那須ガーデンアウトレットに立ち寄りした後、午後3時ごろに那須フラシオンホテルに到着で~す。[るんるん]

 1.JPG

   入り口の門を入ると牧場があり、その脇の道を5分ぐらい進むとホテルに到着だよん。[わーい(嬉しい顔)]

  道路脇と駐車場の脇には雪が・・・[カメラ]

3.JPG

  玄関前ロータリーの脇には・・・[exclamation&question]

4.JPG

  チャペルもあり、結婚式も出来るみたい・・・[exclamation&question]  [ムード]

   そしてロビーに入ると・・・[exclamation&question]

5.JPG

  豪華なホテルのロビーらしく、大きなシャンデリゼが・・・[カメラ]

6.JPG

  とても高級感が・・・[わーい(嬉しい顔)] 

  さらに変わったストーブが・・・[exclamation&question]

7.JPG

  囲炉裏の様な・・・[exclamation&question]

  それでいて煙は煙突で外に・・・[わーい(嬉しい顔)]

  フロントでチェックインして部屋へ GO・・・[exclamation×2]

8.JPG

  とても広い部屋で、偉い人になった気分・・・[わーい(嬉しい顔)] 

  各部屋に個別にベランダが付いているようで・・・[exclamation&question] 

  ベランダからの景色はとても眺めが良く・・・[目]

9.JPG

  天気も良く早速カメラを持って散歩に出ることに・・・[るんるん]

  敷地内がとても広く、牧場の他に散歩のルートもあり、 散策ルートへ GO・・・[exclamation×2]

10.JPG

  散歩道には雪が残っていて、なんか良い雰囲気・・・[揺れるハート]

  そして階段を下りてゆくと・・・[exclamation&question] 

11.JPG

  沢があり・・・[るんるん]

  沢の横を進むと上へ登る階段が・・・[exclamation&question] 

12.JPG

  そして階段を上りきるとそこは・・・[目]

13.JPG

  真っ白な雪に覆われた雪原、そして輝く太陽と吸い込まれるような青空が・・・[るんるん]

14.JPG

  雪原のさきを見ると地平線が見えるような感覚で・・・[exclamation&question]

  ここは何処・・・[exclamation&question]

  なにか別世界へ来た様な感覚に・・・[揺れるハート]

  そして反対側を見ると雪を被った山波が・・・[目] 

15.JPG

16.JPG

17.JPG

  とても素晴らしい景色で・・・[黒ハート][黒ハート][黒ハート]

  さらに雪の上には小動物の足跡が・・・[exclamation&question] 

18.JPG

  雪原の中に牧場が・・・[exclamation&question]

  牧場の中には羊さん達が居たよ~ん。[るんるん] 

19.JPG

  羊さん達をみた後は、陽も暮れる時間になってきたので、散策を終了して戻ることに・・・[るんるん] 

  ホテルに戻り、主の目的の温泉へ GO・・・[exclamation×2] 

20.jpg

  お風呂は、室内の大浴場とサウナと外に半露天風呂があり、ほとんど半露天風呂の方に浸かっていたよ~ん。[わーい(嬉しい顔)] 

21.jpg

  温泉の湯の濁り具合だよ~ん。[バッド(下向き矢印)] 

22.jpg

  夕陽ももうじき沈む時間・・・[晴れ] 

23.jpg

  そして露天風呂から見える雪・・・[目]

24.jpg

  待望の雪を見ながら露天風呂に入れたよ~ん。[揺れるハート] [手(チョキ)]

  お風呂から上がると今度は夕食の時間・・・[るんるん] 

  今宵の夕食は牛しゃぶだぁ~[るんるん] 

25.jpg

  黒毛和牛のしゃぶしゃぶで、とても美味しかったよ~ん。[黒ハート][黒ハート][黒ハート]

  そしてデザートはバイキングなのでプチケーキを全種類頂いてしまった。[がく~(落胆した顔)] 

26.jpg

  お腹がいっぱいでしばらくは安静・・・[がく~(落胆した顔)]

  部屋に戻りゆっくりした後、就寝前にもう一度温泉に入って有意義な一日を過ごせたよ~ん。[わーい(嬉しい顔)] [手(チョキ)]

  これで雪見露天風呂の旅は終わり、翌日帰りに、昨年買うことができなかった、いちご園直売りの冷凍いちごをたくさん買って帰って来たよ~ん。[揺れるハート] [手(チョキ)]  [end]

                                         (^_-)-☆ 


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

日本秘湯を守る会のご招待 白骨温泉 笹屋 !! [温泉]

  乗鞍岳登山も無事に終わり、今宵の宿は日本秘湯を守る会ご招待の宿、白骨温泉笹屋さんで~す。[手(チョキ)]

小梨の湯 笹屋.JPG

 小梨の湯 笹屋2.JPG

  日本秘湯を守る会のご招待というのは、会員宿に宿泊をするとスタンプ帳に1つスタンプを捺印していもらい、温泉宿10軒に泊まり、スタンプが10個たまるとその中の思い出の温泉宿に1泊無料で宿泊ご招待してもらえると言う事だよん。[るんるん] 

  そして10軒の温泉宿から選んだのは、とても素晴らしい温泉と、乗鞍岳登山のリベンジもあったので、ここ白骨温泉笹屋さんに決めたよ~ん。[揺れるハート]

  午後4時に到着してチェックインを済ませ、部屋へ案内してもらうが・・・[exclamation&question]

DSC08814.JPG

DSC08793.JPG

  階段を登り・・・[exclamation&question]

DSC08792.JPG

  廊下の突き当たりまで行くと・・・[exclamation&question]

DSC08789.JPG

  屏風の先に3つ程部屋があり・・・[exclamation&question]

DSC08790.JPG

  そのうちの1つの霞沢という部屋へ案内されたよ~ん。[るんるん]

DSC08787.JPG

  霞沢という部屋は、本館とは別棟(離れ座忘庵)に古民家を移築再生した格調高い部屋になっていて、3部屋アルその内の1つ和洋なっている部屋だそうで~す。[手(チョキ)]

DSC08788.JPG

  広さは10畳+4畳+水屋の和洋室で、とっても素敵な部屋だよん。[揺れるハート]

DSC06402.JPG

  椅子に座り、ゆっくり外を眺めることが出来て・・・[るんるん]

DSC08791.JPG

  この辺りも紅葉が進んできて、展望良好だよん。[揺れるハート] 

  無料招待なので、普通に一般客室で普通の接客応対かと思っていたが・・・[exclamation&question]

  日本秘湯を守る会のご招待なので、特別な部屋で最高のおもてなしをするとのこと・・・[わーい(嬉しい顔)] [るんるん] [揺れるハート]

  夕食の前に昼間の登山の汗を流すために温泉に浸かり、午後6時食事処で夕食だよ~ん。[るんるん]

DSC08795.JPG

  そして料理で~す。[るんるん] [カメラ]

DSC08794.JPG

  席に着くと再び配膳が・・・[exclamation&question] 

DSC08796.JPG

マツタケのお吸い物・・・[カメラ] 

DSC08797.JPG

牛肉・・・[カメラ] 

DSC08798.JPG

馬刺し・・・[カメラ] 

DSC08799.JPG

DSC08800.JPG

DSC08801.JPG

籠の中・・・[カメラ] 

DSC08802.JPG

DSC08803.JPG

DSC08804.JPG

DSC08805.JPG

DSC08806.JPG

DSC08807.JPG

DSC08808.JPG

DSC08809.JPG

DSC08810.JPG

DSC08811.JPG

岩魚・・・[カメラ] 

DSC08812.JPG

DSC08813.JPG

種無しぶどう・・・[カメラ]

  野菜は食べられないが・・・[がく~(落胆した顔)]

  お肉はとても美味しく感じ、特に馬刺しは良い思いがなかったが、それを覆す美味しさだったよ~ん。[揺れるハート]

  お腹いっぱい食べた後はひと休みして、ゆっくり温泉に浸かって心身共に疲れを癒すことに・・・[るんるん]

  まずはもう一度内湯へ・・・[いい気分(温泉)] 

DSC08815.JPG

DSC08816.JPG

  この日もほとんど一人貸切状態で・・・[わーい(嬉しい顔)]

  とっても気持ち良く満喫できたよ~ん。[揺れるハート] 

  そして次は露天の小梨の湯へ・・・[るんるん]

DSC08820.JPG

  小梨の湯に行くには、いったん外へ出るのだが、外へ出るところに暖炉が・・・[るんるん]

  ここから外へ出て小梨の湯へ・・・[いい気分(温泉)] 

DSC08817.JPG

  小梨の湯の入口を入り中へ・・・[るんるん]

DSC08819.JPG

DSC08818.JPG

  小梨の湯はあまり大きくなく、貸切の家族風呂程度の広さで、夜入るよりは昼間紅葉を見ながら入るととっても良いかも・・・[揺れるハート]

  ここで1つ気になったのは・・・[exclamation&question] 

露天風呂 小梨の湯3.jpg

  昨年来たときには、手すりがついてなかったが・・・[exclamation&question]

  今年には手すりが付いていてたよ~ん。 [がく~(落胆した顔)]

  欲を言えば美感を失わないような手すりにしてほしかったかなぁ~と・・・[もうやだ~(悲しい顔)]

  ゆっくり温泉を満喫した後は早目に睡眠を取り、明日朝もう一度内湯を独り占めにしたいなぁ~と・・・[揺れるハート]

  そして翌朝5時に起き、朝食前に内湯へ・・・[いい気分(温泉)] 

笹屋 殿の湯3.JPG

  ガラス戸を全開にしての朝風呂は最高に気分が良かったよ~ん。[黒ハート][黒ハート][黒ハート]

  気持ちいい圧風呂の後は、朝食だよ~ん。[るんるん]

DSC_0046.jpg

  朝食も、とても沢山品数もあり、朝からお腹いっぱいになったよ~ん。[るんるん]

  今回は秘湯を守る会のご招待ということで、特別な部屋にも泊まれ、セレブになった気分だったよ~ん。[手(チョキ)] [わーい(嬉しい顔)]

  またスタンプを10個集めて、ほかの宿にもご招待で泊まってみたいなぁ~と・・・[るんるん]

  これで今回の紅葉を求めての涸沢カールと乗鞍岳の旅は終わりで~す。[end]

                                            (^_-)-☆


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

くろがね小屋 !! [温泉]

  安達太良山1泊登山の宿は、温泉のある山小屋のくろがね小屋だよ~ん。[いい気分(温泉)] [揺れるハート]  

くろがね小屋1.JPG

  山頂から下山して14時30分ごろに、くろがね小屋に戻ってきたよ~ん。[るんるん]

くろがね小屋2.JPG

  何故この山小屋がくろがね小屋と言うのか・・・[exclamation&question] 

くろがね小屋の鐘.jpg

  ここの山小屋には黒い鐘があるからだとか・・・[るんるん] [カメラ]

  到着後は、早速くろがね小屋名物の温泉に入ることに・・・[るんるん] 

くろがね小屋の温泉1.JPG

  とっても良い雰囲気の白濁の温泉だよ~ん。[揺れるハート] 

  窓の外は雪景色・・・[目]

くろがね小屋の温泉2.JPG

  お湯の温度も丁度良くとっても良いお湯で、1日山歩きをして来た疲れも一気に吹き飛んだよ~ん。 [黒ハート][黒ハート][黒ハート]

くろがね小屋の温泉3.JPG

  泉質は、単純酸性泉で源泉温度は66.7度、岳温泉・奥岳温泉の源泉だよ~ん。[手(チョキ)]

  温泉でさっぱりした後は、ちこっと横になっていたら昼寝をしてしまった・・・[がく~(落胆した顔)]

  この日は宿泊客も3組ぐらいで空いていたため、1室貸切状態で泊まれたよ~ん。[るんるん]

  くろがね小屋の中の様子だよん。[カメラ]

くろがね小屋5.jpg

 

くろがね小屋3.jpg

 

くろがね小屋4.jpg

 

くろがね小屋6.jpg

  そしてとっても懐かしいストーブが・・・[るんるん] [カメラ]

くろがね小屋7.jpg

  石炭の達磨ストーブ・・・[揺れるハート]

  小学校の頃以来かなぁ~・・・[わーい(嬉しい顔)]

  とっても暖かく、なんか心も温かくなったよ~ん。[揺れるハート]

  そして夕食ノ時間になり、夕食はこれもまたくろがね小屋名物だよ~ん。[レストラン] [るんるん]

くろがね小屋のカレー.jpg

  特性カレーライスだよん。[揺れるハート]

  じっくり煮込まれたカレーには、自分の苦手な玉ねぎがたくさん入っているようだが、ほとんど溶け込んでしまっている状態で、リンゴも入っているらしく、深い味わいのカレーでとっても美味しかったよ~ん。[揺れるハート]

  おかわりもできて、お腹いっぱい食べてしまったよ~ん。[わーい(嬉しい顔)] 

  くろがね小屋からは直接夕陽やご来光は見ることはできないが、夜空の星を撮影しようと思っていたが、  布団に入って横になっていたら・・・[exclamation&question] 

  気づいたら朝になっていたよ~ん。[がく~(落胆した顔)] [ふらふら] [もうやだ~(悲しい顔)]

  4月26日は鉄山へ登ってから下山する予定だよ~ん。[手(チョキ)]

     次回へ続く・・・[end]

                                            (^_-)-☆


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

雪見露天風呂 !! [温泉]

  ポールマッカートニーのコンサート中止にはがっかりしたが、気を取り直して那須の雪見露天風呂の話の続きに進むよん。[るんるん] 

  ペンション秘密基地では、残念ながら雪が無くて、雪見露天風呂が実現できなかったが・・・[もうやだ~(悲しい顔)]

  翌日に立ち寄り湯を予定しており、そして天気も雪が降る予定・・・[雪] [るんるん]

  立ち寄り湯の1か所は大丸温泉旅館と決めており、他に良い立ち寄り湯を秘密基地のオーナーに聞いたところ、老松温泉喜楽旅館と鹿の湯源泉の雲海閣を進められたので寄ってみる事に・・・[るんるん]

  まず初めは、老松温泉喜楽旅館へ GO・・・[exclamation×2]  [車(セダン)][ダッシュ(走り出すさま)]

  セリカ君で走り始めるとすぐに雪がちらついてきて・・・[雪]

  

  老松温泉に着くころには、うっすらと雪化粧・・・[るんるん]

  老松温泉喜楽旅館に到着で~す。[カメラ]

老松温泉 喜楽旅館1.JPG

  話に聞いたように、建物は古くぼろぼろ・・・[がく~(落胆した顔)]

老松温泉 喜楽旅館2.JPG

  とても旅館とは思えない廃墟のような建物が・・・[がく~(落胆した顔)] 

  こんなところで温泉に入れるのかと・・・[exclamation&question]

  中に入り風呂場を見ると・・・[目] [カメラ]

老松温泉 喜楽旅館3.JPG

  なかなか素敵な良い雰囲気の内風呂で、窓を開けれど雪見風呂だぁ~[揺れるハート]

老松温泉 喜楽旅館4.JPG

  とっても良い温泉で大満足・・・[揺れるハート] [手(チョキ)]

  次は大丸温泉旅館へ GO・・・[exclamation×2]  [車(セダン)][ダッシュ(走り出すさま)]

  大丸温泉は那須街道を茶臼岳ロープウェイ乗り場の近くまで登って行くため、ノーマルタイヤのセリカ君は、ちこっと不安が・・・[exclamation&question]

  だが、まだ雪は降り始めのため、問題なく無事大丸温泉旅館に到着で~す。[るんるん]

大丸温泉旅館1.jpg

  流石にここは日本秘湯を守る会の温泉宿なので、とっても綺麗だよん。[わーい(嬉しい顔)]

  さっそく露天風呂へ・・・[揺れるハート] [カメラ]

大丸温泉旅館2.jpg

  これぞ待望の雪見露天風呂だぁ~・・・[黒ハート][黒ハート][黒ハート]

大丸温泉旅館3.jpg

  ここの露天風呂は、裏山の自家源泉より、湯量豊富な温泉が谷間を流れ、温泉の川を作り、それをそのまませき止めて作られた 「川の湯」だそうで、野趣あふれる天然温泉露天風呂だよ~ん。[揺れるハート] [手(チョキ)]

  とっても大満足でした。[黒ハート][黒ハート][黒ハート]

  そして最後は、鹿の湯源泉の雲海閣へ GO・・・[exclamation×2]  [車(セダン)][ダッシュ(走り出すさま)]

  大丸温泉旅館を出るころには、大分雪が積もってきていたが、雲海閣はさほど遠くなかったので・・・[わーい(嬉しい顔)]

  雲海閣に到着で~す。[るんるん]

雲海閣1.jpg

  この雲海閣も建物は古くぼろぼろだが・・・[exclamation&question]

雲海閣2.jpg

  浴室までの道が特殊で、コンクリートのトンネルを通って行くよん。・・・[がく~(落胆した顔)]

雲海閣3.jpg

  ここは鹿の湯と同じ源泉を引いているので、とっても良い湯で・・・[るんるん]

  鹿の湯はいつも混んでいるが、ここは貸切状態でゆっくり入れるので、とってもよかつたよ~ん。[揺れるハート]

  外に出ると雪は大分積もっていて・・・[がく~(落胆した顔)]

  花にも雪が積もっていて、雪の花・・・[exclamation&question] [カメラ]

雲海閣 雪の花.jpg

  雪の結晶も見えて、とっても綺麗・・・[揺れるハート]

  そして帰りは、雪の峠道を下るわけだが・・・[がく~(落胆した顔)]

  気温も低く、雪も結構降っているので、ノーマルタイヤのセリカ君大不安・・・[がく~(落胆した顔)]

  だが、チェーンを巻かずにノーマルタイヤのままで峠道を下ることに・・・[ふらふら]

 

  流石に慎重に、ブレーキを多用するより1速と2速のギヤを多用して、エンジンブレーキをかけつつ無事に雪の峠道を下ったよ~ん。[わーい(嬉しい顔)] [手(チョキ)]

  そして昨年イチゴをたくさん買った道の駅の近くの農園へ GO・・・[exclamation×2]  [車(セダン)][ダッシュ(走り出すさま)]

那須連山.JPG

  那須岳の山麗は雪雲に覆われていて・・・[雪]

  農園に着いたのが午後4時ごろになってしまい、もう閉まっていた・・・[がく~(落胆した顔)]

放し飼いのヤギさん.JPG

  建物の間には放し飼いの様にヤギがうろちょろしていたよ~ん。[わーい(嬉しい顔)]

  仕方なくイチゴは諦め、一路帰路へついたよ~ん。  [車(セダン)][ダッシュ(走り出すさま)] [手(チョキ)]  [end]

                                            (^_-)-☆


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ペンション秘密基地 !! [温泉]

  軍鶏ラーメン美幸で美味しいラーメンを食べた後、ペンション秘密基地へ向かう途中に那須のアウトレットへウインドショッピング・・・[るんるん]

  アウトレットで欲しい物を探したが、あいにく欲しい物がなかったので特に買い物もせずにウインドショッピングのみになってしまった・・・[もうやだ~(悲しい顔)]

  そして14時にペンション秘密基地に到着だよ~ん。[るんるん]

ペンション秘密基地1.JPG

 

  ええ~・・・[がく~(落胆した顔)]

  2月の初旬の那須にしては雪が無い・・・[もうやだ~(悲しい顔)]

ペンション秘密基地2.JPG

 

  今日の雪見露天風呂は諦めて、ゆっくり温泉と秘密基地を満喫しよう・・・[るんるん]

  平日月曜日ということもあり、本日の宿泊は自分達だけらしい。[わーい(嬉しい顔)]

  チェックイン後、早速露天風呂へ・・・[いい気分(温泉)]

  駐車場の脇を通って建物の裏の方へ向かうと・・・[exclamation&question]

ペンション秘密基地3.JPG

 

  すると露天風呂が有ったよ~ん。[るんるん]

ペンション秘密基地4.JPG

 

  中に入ると・・・[カメラ]

ペンション秘密基地5.JPG

 

ペンション秘密基地6.JPG

 

  岩の露天風呂で、目の前には渓流があり・・・[るんるん]

ペンション秘密基地7.JPG

 

ペンション秘密基地8.JPG

 

  お銚子を一本サービスで頂き、一杯やりながら景色とせせらぎを堪能しつつ、ゆっくりと温泉で温まったよ~ん。[揺れるハート]

  そして夕食は・・・[レストラン] [るんるん]

ペンション秘密基地夕食.jpg

 

  メインは牛しゃぶとアユの塩焼き・・・[揺れるハート]

  とっても美味しく頂き、お腹がいっぱいになった後は、秘密基地のオーナーと温泉談義をし、色々と良い温泉の話を聞き、明日立ち寄り湯をするならと、良い温泉を教えていただいたよ~ん。[るんるん]

  その後、秘密基地の看板猫のチャッビーと御対面だよん。[カメラ]

ペンション秘密基地11.JPG

 

  そしてチャッビーのお役目の荷物検査・・・[exclamation&question]

ペンション秘密基地10.JPG

 

ペンション秘密基地9.JPG

  すべてのバックの中を覗き込み、なにやら匂いをかんでの荷物チェックの様子・・・[わーい(嬉しい顔)]

  荷物チェックが終了すると、ご主人様の所へ報告に行ったよ~ん。[わーい(嬉しい顔)]

  露天風呂は夜10時までなので、その前にもう一度入ってきたよ~ん。[るんるん]

ペンション秘密基地12.JPG

ペンション秘密基地13.JPG

ペンション秘密基地14.JPG

ペンション秘密基地15.JPG

ペンション秘密基地16.JPG

  夜の露天風呂も、とっても雰囲気がよく気持ち良かったよ~ん。[揺れるハート]

  翌朝朝食を食べた後、午前9時半過ぎにチェックアウトして、雪見露天風呂に入りたく、オーナーから聞いた立ち寄り湯へ  GO・・・[exclamation×2]  [車(セダン)][ダッシュ(走り出すさま)] 

  次回へ続く・・・[end]                                 (^_-)-☆  


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

雲見温泉民宿 半右衛門 !! [温泉]

   今宵の宿泊宿は、「雲見温泉民宿 半右衛門」だよん。[いい気分(温泉)] [揺れるハート]

半右衛門.jpg

 

  半右衛門は西伊豆の雲見温泉街の中にあり、露天の岩風呂と新鮮な魚介類の食事が自慢の宿だよん。[るんるん]

  千貫門から帰り、体を温めるために、早速露天風呂へ・・・[いい気分(温泉)]

半右衛門 露天風呂.JPG

 

  大きな岩を積んで作られた露天風呂は雰囲気も良く、空を仰ぎながらゆっくり温泉に浸かり、とっても癒されたよ~ん。[いい気分(温泉)] [るんるん]

  温泉の後は、楽しみにしている新鮮な魚介類の食事だよ~ん。[レストラン] [るんるん]

  今日の夕食は・・・[exclamation&question] [カメラ]

半右衛門 夕食.JPG

 

  おお~・・・[exclamation×2]  とても豪華な夕食だぁ~[揺れるハート]

  お刺身盛り合わせ・・・[カメラ] [グッド(上向き矢印)] 

半右衛門 夕食1.JPG

 

  伊勢海老・・・[揺れるハート]

半右衛門 夕食2.JPG

 

  カニ・・・[揺れるハート]

半右衛門 夕食3.JPG

 

  サザエ・・・[揺れるハート]

半右衛門 夕食4.JPG

 

  天ぷらも揚げたてで・・・[揺れるハート]

半右衛門 夕食5.JPG

 

  煮魚も味がとても浸み込んでいて・・・[揺れるハート]

半右衛門 夕食6.JPG

 

半右衛門 夕食7.JPG

 

半右衛門 夕食8.JPG

 

  とっても美味しく、お腹いっぱいに頂きました。[るんるん] [わーい(嬉しい顔)] 

  そして朝食で~す。[レストラン] 

  囲炉裏を囲んでの朝食だよん。[カメラ]

半右衛門 朝食.jpg

 

  朝食も豪華で・・・[るんるん]

  味噌汁はエビ入りだよん。[揺れるハート]

半右衛門 朝食1.jpg

 

  そして味の開き・・・[るんるん]

半右衛門 朝食2.jpg

 

半右衛門 朝食3.jpg

 

  デザート・・・[揺れるハート]

半右衛門 朝食4.jpg

 

  最後におまけの焼まんじゅうのような・・・[exclamation&question] お餅のような・・・[exclamation&question] [揺れるハート]

半右衛門 朝食5.jpg

 

  朝食も美味しく、お腹いっぱい食べちゃったよ~ん。[るんるん] [わーい(嬉しい顔)]

  お腹もいっぱいになり、伊豆の旅2日目の出発だよ~ん。[手(チョキ)]

   次回へ続く・・・[end]

                                           (^_-)-☆

 


nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

宝川温泉 !! [温泉]

  谷川岳トレッキングの後は、宝川温泉[いい気分(温泉)]に立ち寄り湯だよん。[るんるん]

  午後1時に宝川温泉に到着で~す。[車(セダン)][ダッシュ(走り出すさま)]

宝川温泉汪泉閣.jpg

 

  まだお昼を食べてなかったので、まずは食堂で昼食を・・・[レストラン]

  何を食べようか迷ったが、ラーメンがあったので食べてみることに・・・[るんるん]

宝川温泉のラーメン.jpg

 

  醤油味のスープの昔ながらのノーマルなラーメンで・・・[exclamation&question]

  お味はというと・・・[exclamation&question]

  これもごく普通のノーマルな味・・・[るんるん]

  お腹もいっぱいになったので、早速温泉へ入ることに・・・[るんるん]

宝川温泉汪泉閣map.jpg

 

map00.jpg

 

  宝川温泉の露天風呂へは少し歩いて行くわけだが・・・[exclamation&question]

  そのとちゅうにはこんな物が・・・[exclamation&question]

宝川温泉くま.jpg

 

  そう、なんとクマを飼っているいるのです。[がく~(落胆した顔)]

  さらに巣進むと、宿泊施設の汪泉閣が・・・[カメラ]

汪泉閣.jpg

 

  汪泉閣には、日帰り温泉のお客さんは入ってはいけないとのことで・・・[もうやだ~(悲しい顔)]

  露天風呂のほうへ GO・・・[exclamation×2]

宝川温泉1.jpg

 

  露天風呂は、この先の川沿いにあるようで・・・[揺れるハート]

宝川温泉2.jpg

 

  露天風呂が見えてきたよ~ん。[るんるん]

  結構離れているよん。

宝川温泉3.jpg

 

  そして露天風呂に到着で~す。[るんるん]

摩訶の湯1.jpg

 

  まず初めは、摩訶の湯だよん。[揺れるハート]

  摩訶の湯は、宝川温泉で一番有名な広さ120畳の露天風呂だよん。[カメラ]

摩訶の湯2.jpg

 

摩訶の湯3.jpg

 

  温泉の奥には、不動明王が・・・[exclamation&question] [カメラ]

摩訶の湯4.jpg

 

  そして、摩訶の湯の脱衣場を挟んで川下に行くと・・・[exclamation&question]

  般若の湯があったよ~ん。[るんるん] [カメラ]

般若の湯.jpg

 

  般若の湯は、大きさは摩訶の湯の半分の50畳ほどの露天風呂だよん。[るんるん]

  そしてもう1つの露天風呂、子宝の湯だよ~ん。[るんるん]

子宝の湯1.jpg

 

  子宝の湯は子宝の湯は般若の湯の川向にあるよ~ん。[るんるん]

子宝の湯と般若の湯.jpg

 

  右が般若の湯で左が子宝の湯だよん。[グッド(上向き矢印)]

子宝の湯3.jpg

 

  子宝の湯は、湯船の上屋に武尊神社(ほたかじんじゃ)が祀られているよ~ん。[グッド(上向き矢印)]

  この3つの露天風呂は混浴で、タオルを巻いたまま入れるようで・・・[わーい(嬉しい顔)]

  だが、移動もタオルを巻いたままセミヌードでの移動だよん。[わーい(嬉しい顔)]

  このほかに女性専用の露天風呂、摩耶の湯があるよ~ん。[るんるん]

摩耶の湯.jpg

 

  摩耶の湯は昭和45年にご婦人が気軽に入れる露天風呂が欲しいとの声で作られたようで、場所は宝川温泉最下流部に位置し、周りを塀で囲う必要がないので開放感あふれる100畳面積の露天風呂になっているそうで~す。[手(チョキ)]

  宝川温泉も2年前から1度入ってみたかった温泉で、ようやく立ち寄り湯だが入ることが出来て、とっても満足で、いいお湯でした。[黒ハート][黒ハート][黒ハート]

  これで今回の草津白根山からの旅は終わりだが、白根山山頂には登れなかったが、とっても満足のできた旅でした。[揺れるハート] [るんるん] [手(チョキ)] [わーい(嬉しい顔)]    [end]

                                           (^_-)-☆  


タグ:宝川温泉
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

法師温泉 長寿館 !! [温泉]

  立ち寄り湯で法師乃湯に入った時に、この長寿館へ宿泊してまたゆっくり入りたいと願って2年の月日が流れ、ようやく念願かない長寿館に宿泊で~す。[るんるん]

法師温泉長寿館1.jpg
法師温泉長寿館2.jpg

  外から見た法師乃湯の建物だよん。[カメラ]

法師温泉長寿館6.jpg

  建物もとっても風情があり・・・[るんるん] [カメラ]

法師温泉長寿館3.jpg
法師温泉長寿館4.jpg

  赤い郵便ポストがまた懐かしい・・・[揺れるハート]

法師温泉長寿館5.jpg

  そして建物の中も・・・[揺れるハート] [カメラ]

法師温泉長寿館7.jpg
法師温泉長寿館8.jpg
法師温泉長寿館9.jpg

  法師温泉長寿館は、登録有形文化財であり、日本秘湯を守る会の温泉宿・・・[手(チョキ)]

法師温泉長寿館11.jpg
法師温泉長寿館10.jpg

  そして珍しい電話機があったよ~ん。[カメラ]

法師温泉長寿館12.jpg

  さらにこんな剥製が・・・[exclamation&question] [カメラ]

法師温泉長寿館13.jpg
法師温泉長寿館14.jpg

  長寿館の温泉は、法師乃湯玉城乃湯長寿乃湯の3つのお風呂があり、法師乃湯は国有形文化財に指定されてるよ~ん。[るんるん]

  まず1つ目のお風呂は、法師乃湯・・・[カメラ]

法師乃湯.jpg

  弘法大師巡錫の折の発見と伝えられ、法師乃湯と呼ばれているそうです。[手(チョキ)]

法師乃湯1.jpg

  温泉は近年少なくなった自然湧出で、豊富な湯が浴槽の底から湧き有効成分が失われることなく人体に吸収されるそうで、泉質は無色透明のカルシウム、ナトリウム硫酸塩泉(石膏泉)43℃で胃腸、火傷、動脈硬化等の諸病に適応しするそうです。[手(チョキ)]

法師乃湯2.jpg

  国鉄時代のフルムーンポスターの舞台になった大浴場「法師乃湯」・建築されてから1世紀以上経っているこの浴槽は、純度100%の源泉が、下に敷き詰めた玉石の間からポコポコ自然湧出し、4つの浴槽は微妙に温度が違うそうで~す。[手(チョキ)] 

法師乃湯3.jpg

  長寿館を昔から知っている方は、浴槽の周りの箱を脱衣場として使っていて、いわばこれが「法師温泉流」だそうです。[るんるん]

  次に2つ目のお風呂は、玉城乃湯・・・[カメラ]

玉城乃湯.jpg

  玉城乃湯は総檜造りで開放感満点のお風呂で~す。[るんるん]

玉城乃湯2.jpg

  もっとゆっくり入りたいという女性のお客さまからの要望に応え、男女時間交代制を採用。午後3時から午後8時までが女性、午後8時から翌朝午前7時までが男性となります。[手(チョキ)]

玉城乃湯1.jpg
玉城乃湯3.jpg

  法師乃湯にはなかったカランやロッカーがあり、なにより野天風呂も設けてあるよ~ん。[揺れるハート]

玉城乃湯4.jpg

  そして3つ目のお風呂は、長寿乃湯・・・[カメラ]

長寿乃湯.jpg

  長寿乃湯は利用源泉に関する項目(源泉・泉質・引湯)と浴槽利用に関する項目(給排湯方式・加水・新湯注入率)で、自然度・適性度の目安に、日本天然温泉審査機構より6項目全て満点の評価を頂いているそうで~す。[手(チョキ)]

長寿乃湯1.jpg

  以上が長寿館の3つのお風呂で、独り占めして入るために夜中に起きてはいったよ~ん。[わーい(嬉しい顔)]

  次は食事だが、長寿館の食材へのこだわりが3つあるようで・・・[exclamation&question]

  ◎「水のこだわり」・・・館内の水は三国山系の大自然に育まれた法師川の最上流から取水している自家水源の清水を使用しているそうで~す。[手(チョキ)]

  ◎「米のこだわり」・・・先祖代々、新潟県南魚沼市(旧南魚沼郡塩沢町)の出身でなので、朝食・昼食・夕食全てに、法師温泉契約農家で収穫された、新潟県魚沼産のコシヒカリ100%を使用しているそうで~す。[手(チョキ)]

  ◎「肉・野菜のこだわり」・・・上州赤城牛・榛名豚・風雷鳥と群馬県産のこだわりの食材を使用し、季節によりメニューを変えて提供し、野菜も町内産・又は県内産の食材を中心に安心・安全をモットーに献立しているそうで~す。[手(チョキ)]

  長寿館の夕食で~す。[るんるん] [カメラ]

長寿館のお品書き.jpg
長寿館の夕食1.jpg
長寿館の夕食2.jpg
長寿館の夕食3.jpg
長寿館の夕食4.jpg
長寿館の夕食5.jpg
長寿館の夕食6.jpg
長寿館の夕食7.jpg
長寿館の夕食8.jpg
長寿館の夕食9.jpg
長寿館の夕食10.jpg
長寿館の夕食11.jpg

  好き嫌いの多い自分にとって食べれるものは少ないが、とっても美味しかったよ~ん。[揺れるハート]

  やっぱり水とお米が美味しいのが一番だねぇ~[黒ハート][黒ハート][黒ハート]

  そして朝食で~す。[るんるん] [カメラ]

長寿館の朝食1.jpg
長寿館の朝食2.jpg
長寿館の朝食3.jpg
長寿館の朝食4.jpg

  恒例の焼き魚と温泉卵で、ご飯をおかわりしてしまった・・・[わーい(嬉しい顔)]

  念願の法師温泉、貸切状態で入浴出来て、とっても満足でした。[手(チョキ)] [わーい(嬉しい顔)]  [end]

                                             (^_-)-☆


nice!(5)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

平湯温泉 神の湯 !! [温泉]

  上高地のトレッキング゜の後は、平湯温泉の神の湯へ GO・・・[exclamation×2] [車(セダン)][ダッシュ(走り出すさま)] 

セリカ君1.jpg

  平湯の中心街から離れた山中にある、木々に囲まれた自然の素朴な雰囲気を残す秘湯で~す。[いい気分(温泉)] [るんるん]

セリカ君2.jpg

  近くには、過去の度重なる飢饉や災害のなかで民衆の心の支えとなった不動明王が安置されてるそうで・・・[exclamation&question]

神の湯1.jpg

  また、戦国時代に飛騨に攻め入ろうとしていた武田信玄の軍勢が、 峠越えで疲弊しきっているところを一匹の白猿が現れ温泉に導いたと いうこの地方に伝わる『白猿伝説』でも知られる平湯温泉発祥の地だそうで~す。[手(チョキ)]

  神の湯に到着したのが17時30分過ぎで、番小屋のおじさんが18時で閉めるのでもう終わりなんでと・・・[がく~(落胆した顔)]

  遠くからわざわざ来たので、18時までには出るのでと話をして何とか入浴させて頂くことが・・・[手(チョキ)]

  番小屋から坂を登り手前に男風呂が、そしてさらに坂を登った所に女風呂があるよ~ん。[るんるん]

神の湯2.jpg

 

  入り口を入ると、入り口の裏側がそのまま脱衣所になっていて、振り返れば神の湯全体が見渡せる状態・・・[目] (男湯だけかなぁ~[exclamation&question])

神の湯3.jpg

  お湯は少し白濁した黄褐色でほんのわずか硫黄の匂いがあるようで、温度はちょうど良い41度ぐらいかなぁ・・・[exclamation&question]

  周囲は森で自然の中に埋もれる感じがする、とっても素敵な露天風呂だったよ~ん。[揺れるハート]

神の湯4.jpg

  平日のもう終わりの時間だつたため、貸切状態で入れて最高・・・[揺れるハート] [るんるん]

神の湯5.jpg

  わずか10分か15分の入浴だったが、トレッキングの後の体も癒せたよ~ん。[るんるん]

神の湯6.jpg

  わざわざ来たかいがあった、とっても良いお風呂だったよん。[揺れるハート] [わーい(嬉しい顔)]  [end]

                                          (^_-)-☆


nice!(8)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行