So-net無料ブログ作成
前の2件 | -

我が家のツバメちゃんに家族が・・・!? [動物]

 今年の5月に我が家に来たツバメちゃん、去年・一昨年に来ていたツバメちゃんと一緒かわからないが・・・[exclamation&question]

 つい2~3日前からたくさんのツバメちゃんの鳴き声がするなぁ~と思っていたが・・・[exclamation&question]

 なんと・・・[がく~(落胆した顔)]

 ツバメの赤ちゃんが・・・[ハートたち(複数ハート)] [わーい(嬉しい顔)]

 昼間親のツバメちゃんが餌を取りに飛び立っていくと・・・[exclamation&question]

 子供たちは、隠れるように静かに巣の中に潜っていて分からなかったが・・・[exclamation&question]

 親のツバメちゃんが戻って来ると・・・[exclamation&question]

 子供たちは巣から顔を出して、一生懸命鳴きながら餌をもらっているようで・・・[exclamation&question]

 ようやくツバメちゃんの子供たちの姿が見えたよ~ん。[るんるん]

 カメラを向けると・・・[exclamation&question]

DSC05362.JPG

 親のツバメちゃんはこちらの様子を見る様にカメラ目線・・・[グッド(上向き矢印)] [カメラ]

 そして親のツバメちゃんが飛び立った後、台の上に上りカメラを向けると・・・[exclamation&question]

DSC05364.JPG

 ツバメちゃんの子供も目が見えるのか、こちらを見ている様子・・・[グッド(上向き矢印)] [カメラ]

 撮影した写真をよく見ると、4羽のツバメちゃんの子供が・・・[exclamation×2]

 小さな巣の中で犇めき合って暮らしている様で、とっても可愛い。[ハートたち(複数ハート)] [わーい(嬉しい顔)]

 しっかり育って飛び立てるまで、静かに見守ってあげるよ~ん。[手(チョキ)]

                        (^_-)-☆

nice!(2)  コメント(0) 

2017年9月 東北の旅2日目 part1 中尊寺 !! [旅]

厳美渓の観光の後は、中尊寺金色堂へ行くよ~ん。GO・・・[車(セダン)][ダッシュ(走り出すさま)]

konjikido_02.jpg

 午後1時頃に中尊寺第1駐車場に到着で~す。[るんるん]

chusonji_map.jpg

 中尊寺は嘉祥3年(850)、比叡山延暦寺の高僧慈覚大師円仁(じかくだいしえんにん)によって開かれて、その後12世紀のはじめに奥州藤原氏初代清衡公によって大規模な堂塔の造営が行われたそうで~す。[手(チョキ)]

 平成23年(2011)に中尊寺を含む「平泉の文化遺産」が世界文化遺産に登載されたよ~ん。[手(チョキ)]

 中尊寺の境内へ入ると月見坂を登り、本堂や金色堂へ向かう表参道だよ~ん。[カメラ]

DSC03302.JPG

 月見坂を登って行くと・・・[exclamation&question]

DSC03306.JPG

 弁慶園というお店があったよ~ん。・・・[カメラ]

 その先には弁慶の記念撮影のボードが・・・[exclamation&question]

DSC03307.JPG

 ここでお決まりのごとく記念撮影・・・[カメラ]

DSC03309.JPG
 
DSC03309-1.jpg

 そして弁慶堂でお参りしたよ~ん。[るんるん]

 その後は、東物見台・地蔵堂・薬師堂を巡り、中尊寺本堂へ向かうよ~ん。GO・・・[exclamation×2]

DSC03320.JPG

 中尊寺というのはこの山全体の総称であり、本寺である「中尊寺」と山内17ヶ院の支院(大寺の中にある小院)で構成される一山寺院だそうです。[手(チョキ)]

DSC03326.JPG

 本堂は一山の中心となる建物で、明治42年(1909)に再建されました。古くから伝わる法要儀式の多くはこの本堂で勤められてま~す。[手(チョキ)]

DSC03324.JPG

 中尊寺本堂でしっかりお参りをしたよ~ん。[わーい(嬉しい顔)]

 本堂をお参りした後は、峰薬師堂・不動堂・大日堂・旧鐘楼・阿弥陀堂・讃衡蔵を巡り金色堂へ。GO・・・[exclamation×2]

DSC03335.JPG

 金色堂は中尊寺創建当初の姿を今に伝える建造物で1124年(天治元年)、奥州藤原氏初代清衡公によって上棟されて、数ある中尊寺の堂塔の中でもとりわけ意匠が凝らされ、極楽浄土の有様を具体的に表現しようとした清衡公の切実な願いによって、往時の工芸技術が集約された御堂だそうで~す。[手(チョキ)]

konjikido_01.jpg

 内外に金箔の押された「皆金色」と称される金色堂の内陣部分は、はるか南洋の海からシルクロードを渡ってもたらされた夜光貝を用いた螺鈿細工で、象牙や宝石によって飾られているそうで、須弥檀の中心の阿弥陀如来は両脇に観音勢至菩薩、六体の地蔵菩薩、持国天、増長天を従えておられ、他に例のない仏像構成となっているそうで~す。[手(チョキ)]
 
konjikido_02.jpg

 金色堂を見学した後は、経蔵・旧覆堂・大長寿院・釈迦堂・弁財天堂をめぐり、松尾芭蕉の句碑があったよ~ん。[るんるん]

DSC03340.JPG

 芭蕉句碑・・・[カメラ]

DSC03345.JPG
 
DSC03346.JPG

 芭蕉の像と石碑(奥の細道)・・・[カメラ]

 その後は、能楽堂・白山神社をめぐり・・・[exclamation&question]

DSC03355.JPG

 中尊寺のお参りは終わりだよ~ん。[るんるん]

 次回へ続く・・・[end]

                            (^_-)-☆

nice!(1)  コメント(0) 
前の2件 | -